昭和24年 6月 創業者本多秀雄が富山市西新庄に拠越合金鋳造所を設立。
昭和28年 5月 日本国有鉄道に軸受材として弊社TM合金の指定を受ける。
昭和28年 7月 中越合金鋳工株式会社に改組。
昭和32年 4月 富山市新庄新町11番地に工場新設移転。
昭和32年 5月 自動車部品シンクロナイザーリングの製造開始。
昭和36年 9月 鋼の連続鋳造機用鋳型(モールド)の製造開始。
昭和38年 8月 カントレット分析装置を導入。品質管理を充実する。
昭和39年 3月 皇居二重橋の装飾用美術鋳物「龍」及び照明台4基を宮内庁に納入。
昭和41年10月 皇居新宮殿の棟飾美術鋳物「瑞鳥」を宮内庁に納入。
昭和42年 2月 耐摩耗性銅合金CSM、CGMを開発。
昭和44年11月 富山県中新川郡立山町西芦原新1-1に工場新設移転。
昭和46年1月 析出硬化型高温高強度モールド材CCMを開発
昭和48年 3月 スイス、ヴェルトリー社製、 横型連続鋳造機導入。
昭和51年 2月 皇太子殿下、皇太子妃殿下、(現天皇皇后両陛下)富山工場視察。
昭和52年 5月 耐摩耗性銅合金P31を開発。
昭和53年11月 1978年度デミング賞実施賞を受賞。
昭和55年10月 耐変形、耐摩耗性高温高強度モールド材PH-24を開発。
昭和56年4月 低粘度オイル用耐摩耗性銅合金AT-1を開発。
昭和57年8月 低粘度オイル用耐摩耗性銅合金AT-2を開発。
昭和60年10月 耐摩耗性銅合金CK-2を開発。
昭和61年12月 皇居二重橋(石橋)の装飾灯6基を宮内庁に納入。
昭和62年10月 銅合金、アルミ合金、鉄系合金の精密鍛造品の製造開始。
平成 2年 7月 押出機操業開始(2,500トン)
平成 3年 11月 代表取締役社長に本多秀治が就任。
平成 4年 7月 連続鋳造第2工場操業開始。
平成 6年 10月 鉛レス材(アクアブロンズ)開発。
平成10年 8月 ISO9002認証取得
平成11年12月 QS9000認証取得
平成16年10月 押出第2号機操業開始(2,750トン)
平成18年 8月 ISO/TS 16949 へ移行
平成22年 6月 代表取締役会長に本多秀治、代表取締役社長に本多真貴が就任。